ペーパーアイテムで手作り!アットホームなおもてなし

上質な質感を味わって

結婚式に温かみを加えるのは手作りのアイテムです。ウエディングではペーパーアイテムを多く使うので、手作りしてみてもいいでしょう。一口に紙といってもいろいろな素材がありますよ。たとえば、模様入りの紙は淡色ならバタフライカードのように、上から文字を書いてメッセージカードとして使うことができます。大胆な幾何学模様や花柄ならフレームに入れて一枚の絵のように眺めることもできるでしょう。無地ではちょっと物足りないかなという時に使うといいですよ。

カラフルにテーブルを飾り付けて

メインの装花とともにゲストテーブルで目に留まるのがプレートの飾りですよね。たとえば、輸入雑貨店などにおいてあるペーパーナプキンを使ってもいいでしょう。ハッピーなどの文字入りのものなどをチョイスして、プレートの上に置いたら、ラメが光る紙で包みなおしたキャラメルを端のほうに置いておきましょう。ゲストへの甘いプレゼントになりますよ。また、ベースになるお皿やカラトリーなどが描かれたペーパーマットを用意し、そこに切り抜いたリンゴの写真を重ねて、手作りのマットを作っても素敵でしょう。カラーコピーすれば簡単ですし、リンゴ以外にも洋ナシで作ってもかわいいですよ。

会場を軽やかな透け感で

半透明タイプの紙ならば、ゲストのお見送りゲートなども作ることができますよ。陽ざしに透ける半透明の紙は、風が吹けばふわりと舞い上がって表情も豊かでしょう。紙に切り込みをいれていくだけなので、とても簡単にできます。メッセージを書いて、あえて透ける手紙にしてもいいでしょう。

美しい自然に囲まれた中での挙式を希望するのであれば、鶴岡八幡宮で結婚式を挙げることが最適です。日本らしい挙式を挙げることができるだけでなく、観光客からの祝福を受けることもできます。

鎌倉の結婚式の関連記事
鎌倉での前撮りはこちら