単身赴任中でも寂しさを感じずに過ごせる時代!そして楽しみかたとは?

かつては孤独だった単身赴任

テレビ電話が普及していなかった昭和時代までは、単身赴任というと「孤独」という言葉がすぐ連想されるものだったところがあります。しかし、平成時代に入ると通信料は高いもののテレビ電話が普及し始めて少しずつ単身赴任の人は、遠くに住む家族の顔を見られるようになっていきました。

2000年代に入ってどんどん状況が改善

2000年代に入って携帯電話の普及が進み、通信速度も上がってくると携帯電話を通じて気軽に外出先においても家族とコミュニケーションが取れる時代に入ります。さらに2010年代に入ると無料通話アプリなどを利用する事によって、長時間家族と画面を通じて接していても通信料がかからない状況になりました。そのため、今では単身赴任生活とは決して孤独なものではなくなってきています。

単身赴任生活の楽しみかた

単身赴任生活とはそんなに孤独なものではなくなった上に、独特のメリットも存在します。例えば家族で暮らしていると、家族の好みもあるため毎日食べたいものを食べられるわけではありません。しかし、一人暮らしであれば、昼間に何か夜に食べたいものが出来たら帰りに材料を買って食べたいものを食べられます。また、休みの日には子供がいるとなると子供の行きたい場所を優先しないといけないところがありますが、単身生活であれば好きな場所に行くことが可能です。その他、テレビを独占できるのも大きな点といえます。家族でテレビを観ていると自分の都合でチャンネルを変えるわけにはいかないものの一人ならばザッピングが自由です。さらに映画を観たいと思ったらテレビを観るのをやめて映画を観始められるほか、テレビゲームを始めるような事も出来ます。

短期間の単身赴任の家具で必要なものは限られています。最初から家具付きのマンションを探してみたりして、なるべく身軽に赴任したほうが楽です。また次の赴任先に移るのも楽ですし、準備の負担も少なくて済みます。

家電のリースの詳細
read more