月別: 2018年10月

理想の結婚式を挙げるためのポイント!失敗しない結婚式場の選び方

挙式スタイルを明確にする

一昔前であれば結婚式の形はある程度決められていましたが、時代の移り変わりの中で様々なスタイルが取り入れられてきています。和式を希望するのであれば神前式、洋式であれば教会など選ぶスタイルによって会場も変わってくるので、まず始めに自分達が希望を明確にすることが大切です。もし形式に囚われずに自由な形で楽しみたい場合には人前式が最適になります。

招待する人数に合わせてキャパシティを決める

結婚式を挙げる上で重要なポイントの一つになるのが会場のキャパシティです。家族や親しい友人だけを招く形から会社の上司を始めとした仕事関係の人間を招待するケースまで参加の人数は結婚式によって異なります。中には、費用を抑えるために小さい会場を選択してしまったことで出席者が入りきれなかったという例も少なくありません。反対に、必要以上に広いキャパシティの会場を使用して閑散とした雰囲気になってしまったという失敗例などもあります。
こういった失敗をしないためにも、招待する人数をしっかりと確認して会場を決めることが大切です。この時に若干の余裕を持たせておくと式の準備を進めていく中で追加の招待客が増えても問題なく対処ができます。

提供する料理や設備の充実

そのほか忘れてはいけないのが式で提供する料理です。招待客にもてなす料理は結婚式の成功を左右する大事なポイントになります。特に取引先や会社の上司など仕事関係の人を招待するのであれば、失礼のないように相応しい料理を提供しなくてはいけません。とはいえ、料理の質は予算によって大きく変わってくるので、招待する人数が多い場合は好きな物を自由に食べられるビュッフェスタイルなどがおすすめです。

大阪の結婚式場は交通の便が良くて参加者を招待しやすく、好みに合わせて式場を選びやすいことがメリットです。

0 Comments
Read Full

 

0 Comments
Read Full

結婚相談所で知り合った相手とのお見合いで気を付けることは?

清潔感のある見た目で会う

お見合いで異性に会う時は、どのように進めるべきかという考えが先行しがちですがまず人として最低限の清潔感を維持しなければいけません。第一印象は重要で、小汚い印象を与えるか清潔な印象を与えるかでは大きな違いがあります。髭を剃り、髪を整えてシワの無い服装で会うと良いです。
清潔感のある姿は恋愛シーンだけでなく仕事でも求められるものなので、お見合いに不潔な姿で来るような人は、仕事を含むすべての場面でもだらしのない人間なのではないかと思われる可能性があります。見た目で全てが決まる訳でもありませんが、マイナスからのスタートにならないように注意します。

相手に配慮した言動を心掛ける

お見合いをするとなると、色々な質問が思い浮かびます。しかし、例え気になったとしても当たり障りのない質問だけに止める必要があります。まだお互いのことがよく分からない段階で、過去の交際人数等デリケートな質問をすると不信感を抱かれるかもしれません。デリカシーの無い人だと判断されると、更にお見合いの成功率が下がってしまいます。
特に、一度結婚に失敗している人はまだ悩みを抱えているかもしれないので会話内容は特に注意したいものです。

曖昧な態度はなるべく避ける

お見合いをしても、必ず結ばれる訳ではありません。会った瞬間から扉が閉ざされるかもしれませんし、会話をする中で無理だと思うこともあります。ただ、なかなかその気持ちをダイレクトに伝えられる人はいません。
恋人に発展することは無いと思っているにも関わらず、次のステップをほのめかすような発言をしても、双方が幸せになれません。なので、曖昧な態度はなるべく避けます。

インターネットやSNSの普及で男女が簡単に出会えるようになりましたが、結婚相談所も侮れません!身元がしっかりしている相手を紹介してくれるので安心感があります。

0 Comments
Read Full

 

0 Comments
Read Full

前撮りするなら!衣装のテイスト別おすすめロケーション

和装におすすめのロケーション

和装での前撮りにおすすめするロケーション、1つ目は神社です。羽織袴や白無垢を身に着けて神社で挙式を行う新郎新婦がいることからも、和装と神社の相性の良さは想像しやすいのではないでしょうか。神殿の前で撮影すれば、挙式さながらの神聖な雰囲気が漂う写真が出来上がるでしょう。また、神社に桜や紅葉など季節感を演出できる木があれば、ぜひその木が入るように撮影してもらうのがおすすめです。こんな時期に前撮りをしたのだと振り返ることができます。

2つ目におすすめのロケーションはスタジオです。和装で外へ出かけて撮影している時にお腹が苦しくなってしまったらどうしよう、裾を汚してしまうのではないかと心配な方でも、安心して撮影できるのではないでしょうか。床の間や畳張りの和室など和の要素が強いスタジオで撮影すれば、より和装との相性がいい写真が撮れることでしょう。

洋装におすすめのロケーション

洋装に合うロケーションとしてチャペルを想像される方は多いのではないでしょうか。テレビなどで報道されるロイヤルウェディングやドラマを見て、ウェディングドレスを着てチャペルで行う結婚式に憧れを持つ方もいるでしょう。挙式は神前式や人前式で行うけれど、やはりウェディングドレスとチャペルの組み合わせに憧れるという方は前撮りでその夢を叶えましょう。なお、披露宴や人前式も洋装で行うのであれば、そういった席で着る衣装とはテイストの違う衣装を選ぶと趣の違った写真を残すことができます。

また、洋装で前撮りをするのであれば海や庭園といった野外で撮影するのもおすすめです。特にアウトドア好きな新郎新婦であれば、大好きな野外での写真は何にも代えがたい思い出の1枚になるでしょう。

前撮りを有意義なものにするためには、観光地とのコラボレーションです。普段立ち入ることができないところにも入れることがあり記念になります。

0 Comments
Read Full

綺麗な花嫁の一枚を撮りたい!フォトウェディングについて学ぼう!

花嫁衣裳を写真に残すイベントの詳細

フォトウェディングは結婚する夫婦が挙式用の衣装を身に着けて行う写真撮影を指します。一般的な記念写真と異なり、撮影のためだけに挙式の衣装を用いるのがフォトウェディングの特徴です。結婚式は高額な費用が必要な他、式場の確保や参列者へのお祝い返しの用意などの手間もかかります。また、価値観の多様化も大掛かりな結婚式を挙げずにフォトウェディングを選ぶ理由の一つです。出費を大幅に抑えることが出来ることや夫婦水入らずで思い出のひと時を写真に残せる点が広く支持されているポイントです。綺麗な一枚に仕上がるフォトウェディングにするためには専門のカメラマンに依頼するのが最適です。近年では新郎新婦を美しく撮影するプランを扱う撮影業者も増えているので、予算やスケジュールを考慮して選べるようになっています。

希望通りに撮影出来るフォトウェディングの魅力

フォトウェディングは結婚式で行う記念撮影と異なり、新郎新婦の希望を取り入れた撮影が出来るのが魅力です。結婚式での撮影は式場内での集合写真が普通なので構図が平凡で面白みに欠けてしまう欠点があります。その一方でフォトウェディングは新郎新婦の希望するイメージを写真に収めるのが基本なので、屋外での撮影や特殊な小道具の使用など一般的な結婚記念の写真とは大きく異なる仕上がりにすることも可能です。結婚をイメージした一枚に仕上げることが前提なので、式場で身に着けるドレスやスーツ以外の衣装でも撮影することが出来ます。フォトウェディングの費用や使用出来る衣類の詳細は業者によって異なるので、詳細の確認を含めた打ち合わせを入念に行うのが満足出来る一枚を撮るための心得です。

フォトウェディングのメリットは、大勢の人を招く結婚式や披露宴をしたくないカップルにとって、ふたりきりで行えることです。費用も抑え目になることが多く、自分の気に入った衣装を複数着ることも可能です。

0 Comments
Read Full

適当に選択してはいけない!異なる結婚指輪の金額と素材

様々な金額で販売されている結婚指輪

結婚指輪の購入を考えている方は、様々な金額で販売されているので注意です。あまりにも高額な結婚指輪を選択してしまうと経済的な負担が大きくなる可能性があります。どのくらいの金額で販売されているのかお店で異なっている為、一円でも安く販売されている結婚指輪のお店を選択することが結婚後の生活を豊かにする方法でもあると言えます。同じようなデザインに仕上げられている結婚指輪でも数万単位の差が発生している時もあります。また割引やキャンペーンなどを利用できれば、少しでも安く購入できるため、小まめに情報をチェックしておくことが求められます。

使用している素材にも注目すること

金属アレルギーがある方は特に注意する必要があるでしょう。それは結婚指輪によって、使用されている素材が違うためです。鉄や銀は比較的安い金額で販売されていますが低い耐久性や金属アレルギーを発症しやすいという特徴を持っています。プラチナは高額な金額で販売されている代わりに金属アレルギーを発症しにくい素材なので、アレルギーを持っている方も安心して付けることができる可能性が高まります。また耐久性にも優れているので、小まめに手入れをすれば、何時までも美しい輝きをキープできます。求めている方によって、どのような素材が適しているのか異なっています。安易に選択してしまうと自分が求めている結婚指輪を選べなくなるので、素材を把握してから慎重に選択することが大切です。そうすれば金属アレルギーの方も快適に付けられる結婚指輪を入手できるようになります。

結婚指輪は、婚約指輪と異なり、基本的には毎日着けることになるものです。そのため購入するときは、普段の仕事内容や服装など日常生活で浮いてしまわないデザインかどうか確認することが大切です。

0 Comments
Read Full

単身赴任中でも寂しさを感じずに過ごせる時代!そして楽しみかたとは?

かつては孤独だった単身赴任

テレビ電話が普及していなかった昭和時代までは、単身赴任というと「孤独」という言葉がすぐ連想されるものだったところがあります。しかし、平成時代に入ると通信料は高いもののテレビ電話が普及し始めて少しずつ単身赴任の人は、遠くに住む家族の顔を見られるようになっていきました。

2000年代に入ってどんどん状況が改善

2000年代に入って携帯電話の普及が進み、通信速度も上がってくると携帯電話を通じて気軽に外出先においても家族とコミュニケーションが取れる時代に入ります。さらに2010年代に入ると無料通話アプリなどを利用する事によって、長時間家族と画面を通じて接していても通信料がかからない状況になりました。そのため、今では単身赴任生活とは決して孤独なものではなくなってきています。

単身赴任生活の楽しみかた

単身赴任生活とはそんなに孤独なものではなくなった上に、独特のメリットも存在します。例えば家族で暮らしていると、家族の好みもあるため毎日食べたいものを食べられるわけではありません。しかし、一人暮らしであれば、昼間に何か夜に食べたいものが出来たら帰りに材料を買って食べたいものを食べられます。また、休みの日には子供がいるとなると子供の行きたい場所を優先しないといけないところがありますが、単身生活であれば好きな場所に行くことが可能です。その他、テレビを独占できるのも大きな点といえます。家族でテレビを観ていると自分の都合でチャンネルを変えるわけにはいかないものの一人ならばザッピングが自由です。さらに映画を観たいと思ったらテレビを観るのをやめて映画を観始められるほか、テレビゲームを始めるような事も出来ます。

短期間の単身赴任の家具で必要なものは限られています。最初から家具付きのマンションを探してみたりして、なるべく身軽に赴任したほうが楽です。また次の赴任先に移るのも楽ですし、準備の負担も少なくて済みます。

0 Comments
Read Full