日別: 2017年11月27日

さりげない気配り!アットホーム感のあるテーブル演出

ナプキンを手作りで!

結婚式においてゲストが多くの時間を過ごすテーブルは、会場全体の雰囲気を左右するものであり、ゲストへの配慮もしておきたい場所です。おもてなしという意味で、プレートを飾り付ける手作りのナプキンを用意してみてもいいでしょう。四角や三角、扇形など好きな形に折ることで、二人らしい雰囲気を出すこともできますよ。ゲストには新居に招待されたようなアットホームな気持ちになってもらえるでしょう。花やリボンを添えて華やかさを出すといいですよ。

アジサイとリボンを使って

初夏のウエディングなら、梅雨の晴れ間にさわやかな風が吹くガーデンウエディングに似合うアジサイとリボンを使った演出をしてみましょう。日が暮れたら、海を連想させるような青いキャンドルに火をともしてもいいですよね。花はプリザーブドフラワーのアジサイにすれば、保水する必要がないのでプレートの隙間にぽんぽんと置くだけでもいいでしょう。

扇形のペーパーナプキン

紙ナプキンを蛇腹に折って二つ折りにするだけで扇形のペーパーナプキンが出来上がりますよ。仕上げに青いリボンを垂らして扇の持ち手にはアーティフィシャルフラワーのアジサイをつけておくとかわいらしいですよ。パーティの前日にバタバタと折っても十分に間に合うでしょう。

スズランを1本だけ!

フランスには幸運を祈って大切な人にスズランを贈る日があります。お祝いのシーンにふさわしいスズランを一本だけ縦折りのナプキンの上に置くシンプルな演出もいいでしょう。生花にすれば甘い香りも漂いますよ。

バタフライナプキンで

ナプキンの真名を紙テープで巻いて、両サイドを広げるだけでバタフライのシルエットが出来上がりますよ。簡単でおしゃれなのに存在感があるのでいいでしょう。リボンを少し高級素材にすれば華やかになりますよ。

京都の結婚式場は、日本の歴史と文化に彩られた式を挙げられる所が魅力です。神社や老舗旅館、町屋を生かした結婚会場など京都の風情を堪能できます。

0 Comments
Read Full

アットホームだからこそできる!結婚式の演出3選

新郎新婦がゲストを紹介!

ゲストは結婚式に出席している他のゲストを、席次表の上でしか知ることができません。そこで新郎新婦がマイクを取り、ゲストの関係をみんなに紹介してみましょう。「このテーブルは大学のサークルのメンバーです。みんなかなり酒豪です。」「こちらは高校の部活メンバーです。厳しい練習も頑張りました。」など、各テーブルごとにゲストを紹介してもいいですね。アットホームな披露宴だからこそできる演出のひとつです。ゲストとの距離も近くなりますよ。

友人代表にスポットを

新郎新婦の見せ場の演出のひとつである、「ファーストバイト」。ウェディングケーキを食べさせ合う演出です。一般的に、この演出でスポットが当たるのは新郎新婦のみ。しかし、ぜひこの演出にゲストを巻き込んでみませんか。「サンクスバイト」という演出は、新郎新婦からゲストにお礼を込めてウェディングケーキを食べさせる演出。特にお世話になった友人・仲の良い友人・式の準備を手伝ってもらった友人など、代表の友人を呼んでサンクスバイトをしてみましょう。

ゲストみんなで協力して

結婚式で使えるアットホームな演出のひとつが「リングリレー」。バージンロード側のゲストに、チャペルの入り口から祭壇まで続く長いリボンを持ってもらいます。そのリボンに結婚指輪を通し、入り口から祭壇までゲストが結婚指輪を新郎新婦に届けるという演出です。特に厳粛な式では、ゲストは結婚指輪に触ることはもちろん、近くで見ることもできません。大切なふたりの結婚指輪を、ゲストが力を合わせてふたりに届けましょう。

一生に一度の愛する人との結婚式、大きな会場より少人数の結婚式なら東京でいかがですか。少人数ならではの温かさがどこよりも自慢です。

0 Comments
Read Full

結婚式場の4つの種類とは!?各式場の特徴について

1つではない結婚式場の種類

結婚披露宴やウエディングパーティーを行う会場は、専門の結婚式場、ホテル、レストラン、ゲストハウスの4つに分けられます。それぞれの式場によって用途や雰囲気が異なるため、希望条件に合わせて選ぶことが大切です。

結婚式専門の式場の特徴

結婚式専門の式場は、結婚式のためだけに作られた会場です。このため結婚式を行うための設備が充実しており、手厚いサービスが期待できます。音響や映像設備が整っていたり、本格的な神殿やチャペルが設置されていたりなど、希望に合わせて選択できるのが嬉しいですね。

ホテル内にある結婚式場の特徴

ホテル内にある結婚式場の大きなメリットは、遠方から来られたゲストが宿泊に困らないことです。またホテルは高層階に披露宴会場を設けていたり、見晴らしの良い場所に式場を作っていたりするケースも少なくありません。ホスピタリティのあるサービスが受けられることも、ホテル式場の魅力の1つでしょう。

レストラン式場の特徴

レストランウエディングの大きな特徴は、何といっても美味しい料理を食べられることです。また貸切で利用できるケースも多く、アットホームな雰囲気を演出できます。ゲストが気軽に参加しやすいという点も、大きな魅力です。

ゲストハウスの結婚式場の特徴

ゲストハウスの結婚式場の魅力は、ゴージャスな邸宅をまるごと貸し切りで利用できることです。景観の美しいガーデンやプールもあるので、屋外でも素敵なひと時を過ごせます。近年は独立型のチャペルを設置しているゲストハウスもあるようです。自由なスタイルで気軽に会話できる結婚式にしたい時に、おすすめの式場だと言えます。

ドーム球場に隣接するホテルにある福岡の結婚式場は最高のロケーションです。海に面し夕焼けを見ながらの結婚式や波の音を聞きながらの披露宴は若い二人への最高のプレゼントです。

0 Comments
Read Full

花はうんと甘くしたい!幸せをおすそわけするフラワー演出

熱い気持ちを伝える象徴

式場内にある花は何を選ぶかによって結婚式の印象をガラリと変えてしまうものです。だからこそ、センス良くイメージ通りに選んでいきたいですよね。下品になりすぎずに花でうんとスイートな演出をしたいのなら、華やかで芳しいハートの花をテーブルに描いてもいいかもしれません。イブピアッチェやイヴ・シルバなど芳しいバラにフリルの花びらが印象的なバラをまじえて、ふっくらとしたハート型をつくりましょう。ゲストが一人ずつ持ち帰れるようにセットすれば、最良の日を迎えた二人の気持ちを表した、甘い甘いプレゼントになりますよ。淡いピンクから深紅のグラデーションをバラだけで贅沢に描くといいでしょう。

南国に吹き渡る甘やかな風

ハワイのレイスタイルを取り入れて、ゲストテーブルには南国の風が吹き渡るような演出ができるでしょう。レイには祝福や感謝の意味があるので、ゲストをもてなすのにぴったりですよ。大輪のトルコギキョウとコチョウランで晴れやかに仕上げましょう。澄んだ花色はやさしさを伝えるのにちょうどいい塩梅になります。席札を彩る花もデンファレやモカラ、トルコギキョウでハワイ風のレイにして、チェアフラワーやテーブルクロスを絞る花もレイスタイルにするといいでしょう。

おめでたい紅白のツートンカラーで

お祝いムードを盛り上げてくれる色といえばやっぱり紅白ですよね。そこでテーブルも赤と白の花だけでアレンジしてみるといいでしょう。ガラスの器には赤だけ白だけというように分けてアレンジすると色の差が際立つのでスタイリッシュですよ。リボンも紅白のストライプ模様をチョイスすれば愛らしさが加わりますよ。めでたいツートンカラーで明るく晴れやかな甘さを出していきましょう。

結婚式場を神奈川県でお探しの方は、最初に横浜、川崎、新横浜エリアの三つに絞り込むことをおすすめします。この三箇所は結婚式場がとても多いため、皆様が希望する素敵な結婚式が挙げられるはずです。

0 Comments
Read Full